ボールペンのインクの落とし方

服についてしまうと厄介なインクのシミ。ボールペンのインクは普通の洗濯では落ちません。それが水性インクの場合でも難しく、まして油性インクの場合はお手上げです。

 

インクのシミは基本的にはクリーニング店に任せる方が良いでしょう。でも、節約したい!自分でチャレンジしたい!と言う場合、台所用洗剤、漂白剤で簡単に落る事があります。この方法で無理な場合は、他の手段を試しても大差はありません。

 

ボールペンのシミ抜き方法

ボールペンのシミを落とす時は、最初にアルコールジェルをシミ部分に付け、歯ブラシでトントンしてみましょう。

 

それで落ちない場合は台所用洗剤をシミの場所に付けて、再び歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩いて下さい。ここで落ちるシミも多いです。

 

 

※もしアルコールジェルが無い場合は、台所用洗剤だけでもOKです。

 

ボールペンのシミ落とし方
ボールペンのシミ
ボールペンのシミ落とし方、台所用洗剤
台所用洗剤を使う
ボールペンのシミ落とし方、擦らない
擦らずトントンする

ボールペンのシミの落とし方

台所湯尾洗剤で落ちていない場合は、最終手段として漂白剤を使います。

 

①何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダを1:1の割合で混ぜます。

②混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

③コップに熱湯を入れシミ部分にかけます。

 

 

 

ボールペンのシミ落とし方、アルカリ剤
セスキ炭酸ソーダを使う
ボールペンのシミ落とし方、酸素系漂白剤
酸素系漂白剤を使う
ボールペンのシミ落とし方、加熱
熱湯で加熱する
ボールペンのシミ落とし方、クエン酸で中和
クエン酸で中和する

④最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

⑤よく濯いだら終了です。

 

 

もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 

少しでも薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

ボールペンのシミ落とし方、染み抜き終了
まだ半乾き状態ですが、シミは落ちてます

ボールペンの染み抜き方法は以上です。

 

ボールペンの染み抜き方法の考察

今回のボールペンの染み抜きでは、①~⑤までの工程を4回繰り返しました。1回目で薄くなっているのが確認できたので、このボールペンのシミは、この方法で落とせると判断しました。

 

もし、1回目で薄くすらならなかった場合は、見込みなしとして諦める事も大切です。

 

ボールペンの種類には、水性、油性、ゲルインクとタイプがあります。一般的には水性は水で、油性は油で落ちると言われていますが、実際はそんな単純ではありません。もちろん落ちる傾向はありますが、どちらも台所用洗剤、アルカリ剤、酸素系漂白剤は有効的です。

 

他にも色々と方法はあると思いますが、それは大きなリスクを伴います。リスク=失敗です。私は失敗をしても良いと言う方は、ネットで検索するとより過激な染み抜き方法が見つかると思います。

 

家庭染み抜きは自己責任です。失敗は服をダメにするだけでなく、火傷や事故を引き起こす場合があります。決して無理をしないように気を付けて行ってください。

 

難しいと感じた場合はクリーニング店に!

節約も大事ですが、失敗しては意味がありません。攻めるだけでなく引くことも大切です。難しいと感じた場合、1回目の染み抜きで変化を感じられなかった場合は、クリーニング店に出してみましょう。